永すぎた日向で

価格(税込)¥257

永すぎた日向で の 歌詞

歌詞は無料で閲覧できます。

止まった時計の針を指でなぞり
そして昨日に向けて回す
明日が来ないようにして
このまま目を閉じ眠りたい

誰も彼も一人で生まれてきて
なのにぬくもりの中でしか息が出来ないみたい
体が冷えてゆく さよならだよ

わかる様に愛して 目の前にただ居て
僕たちはいずれ終わる時間の中
夢を見て彷徨ってた

いずれまた冷えてゆく日向の様に

答えをしめす事は怖くもあり
だけど一所に留まる事も許されやしない
誰かに強い腕で抱きしめてほしい

ちいさな私を包む様に愛して
僕たちをいずれ終わる時代が今
包む様に照らしていた

わかる様に愛して 目の前にただ居て
僕たちはいずれ終わる時代の中
夢を見て生きていた

昇りまた落ちてゆく朝日の様に
いずれただ 消えてゆく私の様に

Powered by

この曲を購入する

  曲名 時間 高音質 価格(税込)  
06:01
高音質
¥257

このページにリンクをはる

■URL

たとえば…
・ブログのコメントや掲示板に投稿する
・NAVERまとめからリンクする

■テキストでリンクする