NEWS

ニュース

ニュース一覧

光宗薫 (C)ORICON NewS inc.

2017/09/21 10:08

元AKB・光宗薫、10月から芸能活動休止 摂食障害など心身の不調も告白  元AKB48の光宗薫(24)が21日、自身のツイッターを更新し10月から芸能活動を休止することを発表した。

 光宗は自筆の書面の写真を掲載し「突然ではありますが、2017年10月より芸能活動を休止いたします。きょうまでの約6年間、多くの経験をさせていただきました」と発表した。

 続けて「私は10代の頃から摂食障害、強迫的な症状に悩んでおり、一時的に拘束してもらわなければ生活がままならない状態を繰り返しています」と自身が抱える問題を告白。それでも周囲のサポートで活動を続けて来られたとしながらも「近年は状態が落ち着かず、強い気持ちを持つほどバランスがとれなくなり、好きな活動も徐々につらいだけのものに変わっていきました」とつづった。

 その上で「再び愛をもって活動ができるまでお休みをいただくことに決めました。応援して下さった方々に感謝します。この先も、よろしくお願いいたします」と復帰への意欲を語っている。

 光宗は2012年にAKB48での活動を辞退すると発表。「自分自身以前から体調が優れず、自分の思う万全の状態で皆さんの前に立つ事が難しくなり、このままでは周りの方にご迷惑をかけてしまう事は勿論、自分への負担も大きくなってゆくのを感じ、辞退させていただくことを申し入れました」と理由を明かしていた。

安室奈美恵への思いを吐露したイモトアヤコ(写真はインスタグラムより)

2017/09/21 09:35

イモトアヤコ、安室引退に胸中吐露 「ずっとわたしにとってのHero」   熱烈な“アムラー”として知られるタレントのイモトアヤコ(31)が21日、自身のツイッターを更新。きのう20日に歌手・安室奈美恵(40)が来年9月16日をもって引退することを発表したことについて「びっくりしてなかなか実感がわきません」と思いを明かしつつも「1年後の9/16まで全身全霊かけてアーティスト安室奈美恵さんを応援したいです」と誓った。

 イモトは今月16、17日の沖縄コンサートにも多忙な中、駆けつけ、18日に放送したTBSラジオ『イモトアヤコのすっぴんしゃん』(毎週月曜 後7:30)でも「イモトプレゼンツ祝デビュー25周年安室奈美恵特集!」として、自身が選んだ選曲で安室を特集。20日に引退が発表されると、イモトのツイッターとインスタグラムには心配の声が殺到した。

 この日イモトは「imotodesse海外に到着しました」とツイートし「飛行機おりて直ぐに安室奈美恵さんの引退というニュースを知りました。正直あんまりにもびっくりしてなかなか実感がわきません」と素直な胸中を吐露。

 続けて「小学生の時に安室奈美恵さんを大好きになって以来なんだか毎日が楽しくて、曲を聴くとワクワクして、ライブに行くとドキドキして、怖くて出せない一歩も前に出せるような気がして、出来ないことなんてないと思えて、安室奈美恵さんという言葉を聞くだけで身体が熱くなり全身から勇気が溢れてくるのです」と熱い思いを明かした。

 「清く潔く美しくかっこいい生き方 心から尊敬します。安室奈美恵さんと同じ時代に生まれた奇跡に感謝し、1年後の9/16まで全身全霊かけてアーティスト安室奈美恵さんを応援したいです」と誓うと「そしてそれ以降もずっとずっとずっとずっとずっとずっと大好きです。安室ちゃんは何があろうとこの先もずっとわたしにとってのHeroなのです」と“女神”へ伝えた。

 イモトのメッセージを受けフォロワーも「皆さんもきっとイモトさんの声が聞けて安心していると思います」「イモトさんが安室さんを想う気持ちを考えたら心配で心配で、自分でもびっくりしたのですが泣いていました。お辛いのに、こうして更新してくれてありがとうございます」「イモトさんの安室ちゃん愛が、とても伝わりました。私にとってはあなたがHeroです」など、ファンからの安堵の声も届いている。

 また、同じく安室の熱烈なファンとして知られる木下優樹菜(29)は、きのう20日に自身のインスタグラムを更新。「絶望 奈美恵様引退」と書かれた号泣動画を投稿し「いまは一旦冷静になりながら複雑な感情で夏休みの準備、してます。みんなと同じきもち。#安室奈美恵 さん#生き甲斐#大好きだよ#fanspace」とつぶやいた。

安室奈美恵の引退発表にコメントしたMAXのNANA (C)ORICON NewS inc.

2017/09/21 08:01

MAXのNANA、安室に「尊敬と感謝」 引退までの1年「精一杯応援」  ダンス&ボーカルグループ・MAXNANA(41)が21日、自身のブログを更新。歌手・安室奈美恵(40)が来年9月16日をもって引退することを20日に発表したことを受け「私ながらにこの一年 精一杯、応援していきたいと思います」と思いを伝えた。

 「☆Respect☆」のエントリーでNANAは「SUPER MONKYE'Sとしてデビューが決まり25年前に一緒に上京してきた奈美恵 デビュー当時、子供ながらに色んな事に悩んで励まし合って時にはぶつかって、泣いて笑ってとても濃く、充実した楽しい想い出ばかりです」と回顧。

 「才能溢れながらも誰よりも努力を惜しまない姿にたくさん、たくさん励まされ学ばせてもらいました」とつづり「エンターテイナーとして一人の女性として自分らしい生き方。どんな時も前を見てどんどん先へ進んで行く姿に尊敬と感謝の気持ちでいっぱいです!!心から。。。ありがとう」とメッセージした。

 安室は、1977年9月20日生まれ、沖縄県出身。沖縄アクターズスクール発の5人組グループ・スーパーモンキーズを経てソロアーティストに。1990年代、彼女のファッションやメイクを真似る“アムラー”が社会現象になった。“かっこいい女性像”として女性からの圧倒的な支持を得ており、男性ファンも多い。16年7月発売のシングル「Hero」が、同年夏に開催の『リオデジャネイロオリンピック・パラリンピック』のNHK放送テーマソングに起用され、その年を代表する1曲となった。

 きのう20日に安室は、自身の公式サイトを通じて「この1年、アルバムやコンサート、最後にできる限りの事を精一杯し、有意義な1年にしていきたいと思ってます。そして、私らしく2018年9月16日を迎えたいと思います」と完全燃焼を誓い、「皆様、安室奈美恵の最後の1年を、どうぞよろしくお願い致します」と呼びかけた。

ドラマ『仮面ライダーW』で出演、桐山漣×菅田将暉が変身ポーズで『週刊ビックコミックスピリッツ』10月2日発売号(小学館)表紙飾る

2017/09/21 08:00

桐山漣×菅田将暉、『仮面ライダーW』変身ポーズで決まりだ!  俳優の桐山漣と菅田将暉が、10月2日発売の『週刊ビッグコミックスピリッツ』(小学館)の表紙などに登場。2009年9月から1年間、テレビ朝日系で放送された『仮面ライダーW』の左翔太郎役とフィリップ役で共演した2人が、終了から7年を経て、当時をイメージした衣装で変身ポーズを披露している。

 同漫画誌では、石ノ森章太郎原作の特撮ドラマ『仮面ライダーW』の続編を描いた『風都探偵』(原作:石ノ森章太郎、脚本:三条陸、作画:佐藤まさき)を連載中。今回、「見ようぜ!仮面ライダー」と打ち出した総力特集に、桐山&菅田の参加が実現。ファン垂涎のコラボグラビアや今だから話せる当時のことについて語り合った対談記事が掲載される。さらに、特大両面ピンナップやサイン入りのプレゼント企画、『仮面ライダーW』番組立ち上げ時の舞台裏や『風都探偵』の制作秘話を語った、脚本の三条陸氏と監修の塚田英明氏(東映)のスペシャル対談もある。

 『仮面ライダーW』ファン、特撮ファン必見の1冊。10月2日発売だが、一部地域で発売日が異なることがある。

■『風都探偵』1話試し読み
https://bigcomicbros.net/comic/fuutotantei/?release_date=all

生まれて初めての恋をする純朴な高校生・響を演じる広瀬すず (C)河原和音/集英社 (C)2017 映画「先生!」製作委員会

2017/09/21 08:00

生田斗真が辞書ポン、肘グイ…胸キュンシーン詰まった『先生!』テレビCM初公開  俳優の生田斗真と女優の広瀬すずが初共演し、河原和音氏の少女漫画を実写化する映画『先生! 、、、好きになってもいいですか?』(三木孝浩監督 10月28日公開)のテレビCMが21日、WEBで初公開された。生田演じる教師・伊藤のさりげない優しさが伝わる胸キュンシーンが収められている。

 同作は、ぶっきらぼうだが生徒思いの教師・伊藤(生田)と、そんな伊藤に生まれて初めての恋をする純朴な高校生・響(広瀬)のラブストーリー。

 「初恋編」と題されたテレビCM映像は、響のモノローグを通して、ぶっきらぼうながらも時折優しい一面を垣間見せる、伊藤の魅力がたっぷりと集約。教壇に立ついつもの日常。ボサボサ頭にずれたメガネで愛想もなく、授業を忘れてベンチでうたた寝していた伊藤を辞書で起こした時も、頭にポンと返され「どうもな」の一言だけ。でも、満員電車では肘をグイッと力強く引き寄せて守ってくれたり、放課後一人で居残りをさせられている時も、「見せてみろ」とペンを取って一緒に課題を見てくれたり…。

 響にとって伊藤は、普段は何を考えているか分からないようなどこか“遠い存在”でありながら、「伊藤先生!」と呼べば、優しく振り返ってくれる、“近い存在”になっていく。果たして、2人の恋の行方はどうなるのか?

アリシア・ヴィキャンデル主演『トゥームレイダーファースト・ミッション』 (C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC.

2017/09/21 07:00

アリシア・ヴィキャンデル主演『トゥームレイダー』 映像初解禁  オスカー女優のアリシア・ヴィキャンデルが主演する映画『トゥームレイダー(原題)』の邦題が『トゥームレイダーファースト・ミッション』に決定し、2018年3月に公開されることがわかった。

 『トゥームレイダー』は昨年、誕生から20周年を迎えたゲームシリーズ。2001年にはアンジェリーナ・ジョリーが強く美しい冒険家ララ・クロフトに扮して映画化され、03年には続編が公開された。2017年、『リリーのすべて』『エクス・マキナ』に出演したヴィキャンデルを主演に迎え、新生ララ・クロフト=トゥームレイダーが始動。監督は北欧の新鋭・ロアー・ウートッグ氏(『THE WAVE/ザ・ウェイブ』)が務める。

 今回、映像が初解禁され、ララ(ヴィキャンデル)が何者から逃げるかのようにジャングルを駆け抜け、弓矢を構えるシーンからスタートする。ジャングルの中でのシーンは序章で、続けて嵐の海へダイブ、激流へ落下、荒野のなか縦横無尽に走りまわり追手と戦うなど、迫力あるアクションシーンが満載。ヴィキャンデルが強く美しく戦い見事に熱演しており、鍛え抜かれた美しい肉体にも注目だ。


■公式サイト
tombraider-movie.jp

2度目の重版が決まった石原さとみ写真集『encourage』新カット(撮影:伊藤彰紀/宝島社)

2017/09/21 06:30

石原さとみ写真集、2週間で2度目の重版 累計発行11.5万部に【新カット公開】  女優の石原さとみ(30)の写真集『encourage』(宝島社)が、9月1日の発売から2週間で2度目の重版が決定し、累計発行部数が11万5000部に達したことが、わかった。これを記念し、新たな誌面カットが公開された。

 石原にとって6年ぶりの写真集となる同作は、石原たっての希望だったキューバで行われ、異国の市街地や美しい海辺でのカット、タクシー移動時や部屋での寝起きなど、素顔の表情を余すところなく掲載。また、両親や友人とのスペシャルトーク、石原本人が30年を振り返る5万字インタビュー、直筆によるドラマ出演時のヘアメイク解説も収録されている。

 発売前から予約が相次ぎ、発売初日に重版が決定。初週で4.2万部を売り上げ、9/11付けオリコン週間“本”ランキングの写真集ジャンルで初登場1位を獲得すると、勢いは衰えずに2度目の重版が決定した。

 石原は「たくさんの方に手に取っていただけたことを心からうれしく思います」と感謝。「人生をこれほど深く丁寧に振り返り一冊にまとめるのは最初で最後かもしれません。写真も、背伸びせず見栄を張らず、そのままの今の自分を収めることができました。将来見返したときに貴重だと思えるものになったと思います」と紹介し、「どうか多くの方の手にこれからも渡っていきますように」と呼びかけている。

30年目に突入したB’z

2017/09/21 06:00

B’z、11・29通算20枚目アルバム『DINOSAUR』  人気ロックユニット・B’zが、11月29日に2年8ヶ月ぶり通算20枚目のオリジナルアルバム『DINOSAUR』をリリースすることが明らかになった。

 B’zは1988年9月21日にシングル「だからその手を離して」、アルバム『B’z』を同時リリースしてデビューし、きょう30年目に突入した。

 新作『DINOSAUR』を引っさげ、12月から大規模なライブツアー『B’z LIVE-GYM 2017-2018 “LIVE DINOSAUR”』(8ヶ所18公演)を行う。

■『B’z LIVE-GYM 2017-2018 “LIVE DINOSAUR”』
12月14日(木):北海道立総合体育センター 北海きたえーる
12月16日(土):北海道立総合体育センター 北海きたえーる
12月17日(日):北海道立総合体育センター 北海きたえーる
12月23日(土・祝):福岡 ヤフオク!ドーム
12月24日(日):福岡 ヤフオク!ドーム
12月30日(土):愛知・ナゴヤドーム
12月31日(日):愛知・ナゴヤドーム
1月7日(日):東京ドーム
1月8日(月・祝):東京ドーム
1月13日(土):埼玉・さいたまスーパーアリーナ
1月14日(日):埼玉・さいたまスーパーアリーナ
1月20日(土):福井・サンドーム福井
1月21日(日):福井・サンドーム福井
1月27日(土):宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ
1月28日(日):宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ
2月1日(木):大阪・京セラドーム大阪
2月3日(土):大阪・京セラドーム大阪
2月4日(日):大阪・京セラドーム大阪
※ナゴヤドーム公演は、カウントダウン公演ではなく通常公演
※さいたまスーパーアリーナ公演はスタジアムモード

『ViVi』11月号で約半年ぶりに表紙を飾るローラ(講談社)

2017/09/21 06:00

ローラ、LAライフと「次の目標」を告白 パワースポットで最新撮り下ろし  モデルのローラ(27)が、23日発売の女性ファッション誌『ViVi』11月号(講談社)の表紙に登場。実際に暮らしている米・ロサンゼルスで行われた撮影で、等身大の姿と“いまの素顔”を見せた。

 LAで暮らすローラに会うため、編集部は渡航を決行。撮影当日、片道2時間ほど、気温40℃近くの炎天下で訪れたLAのパワースポット・パイオニアタウン。そこで撮り下ろしたローラのカッコよすぎる姿を、編集部は「まさにもう次のステージに立っている彼女そのものだった」と表現した。

 インタビューでは、4年になるLAと日本のデュアルライフ(二重生活)について「来ればくるほど、LAが好きになった」、「いまはまだまだパーフェクトじゃないけど、でももっともっと努力して夢を追いかけていきたい」とコメント。LAのどこに魅了され、現在はどんな生活を送り、そして次はどんな目標にむかって努力しているのか。女性誌では今まで話していないことを、同誌だけに率直に語っている。

 また、この撮影の特設ページ【http://www.vivi.tv/topics/2017/09/5031/】が開設されたほか、23日の夜に同誌公式インスタグラム【@vivi_mag_official】にてローラによるインスタジャックも行われる予定となっている。

東京ドームでジャパンドームツアー最終公演を開催したG-DRAGON

2017/09/21 06:00

G-DRAGON、ソロドームツアーに幕「胸がいっぱい」 V.Iとサプライズ共演も  韓国の人気グループ・BIGBANGのリーダー、G-DRAGONが20日、世界29都市36公演で約65万4000人を動員するワールドツアーの一環として開催したジャパンドームツアー『G-DRAGON 2017 WORLD TOUR <ACT III, M.O.T.T.E> IN JAPAN』(3都市5公演)のファイナルを東京ドームで迎え、26万人を熱狂させた日本公演を駆け抜けた。

 コンサートタイトル「M.O.T.T.E」は「MOMENT OF TRUTH THE END」の略で、真実の瞬間、真実そのものを意味する。アーティストG-DRAGONこと30歳のクォン・ジヨンの人生第3幕のストーリーを盛り込み、成功がもたらした派手な人生とその裏に隠された孤独と苦悩など、自身の“真の姿”を表現した。

 ソロ初期の代表曲「HEARTBREAKER」でド派手に幕開けすると、5万5000人で埋め尽くされた超満員の東京ドームは一気にヒートアップ。「ONE OF A KIND」「WHO YOU?」「CRAYON」といった代表曲に加え、6月に本国リリースされ、全世界40ヶ国のiTunesで1位を獲得したミニアルバム『KWON JI YONG』の中から「Untitled, 2014」などを惜しみなく披露し、ドームを揺らし続けた。

 終盤のMCでは「今回アルバムのタイトルは本名“クォン・ジヨン”です。このアルバムではG-DRAGONではなく、一人の人間、普通な人間、とにかくクォン・ジヨンについて語りたかった」と作品に込めた思いを説明。「正直、とても大変でした。そして、心配でした。でも、ステージに立ち、皆さんの前で歌っていると、その気持ちはなくなり、幸せで胸がいっぱいになります。これは、小さく見えても、僕にとってはすごく大きく、何より意味のあることです。ステージの上でファンの皆さんに会って、一緒にいられるこの時間は、とても大切で深い意味があります。このような素敵な時間を作ってくださって、本当にありがとうございます」とファンに感謝の気持ちを伝えた。

 アンコールでは、BIGBANGメンバーの{{V.I}}がジャパンツアー初のサプライズゲストとして登場。ドームが騒然となるなか、V.Iは「G-DRAGONさん、ドームツアー最終日おめでとうございます!」と祝福し、大歓声があがった。V.Iと共に「ピタカゲ (CROOKED)」からBIGBANGメドレーに突入。「BAE BAE」「BANG BANG BANG」「GOOD BOY」を歌唱すると、メドレーラスト「FANTASTIC BABY」では大合唱となり、会場が一体となって3都市5公演のジャパンドームツアーに幕を下ろした。

 G-DRAGONは11月1日にミニアルバム『KWON JI YONG』をリリース予定。さらにBIGBANGとしては、11月から海外アーティスト史上初の5年連続日本ドームツアー『BIGBANG JAPAN DOME TOUR 2017 -LAST DANCE-』をスタートさせる。

 G-DRAGONは「11月からBIGBANGとしてのジャパンドームツアーを開始しますが、それを終えるとしばらく長いブランクに入ります。悔いのないようにすばらしいパフォーマンスをたくさん、皆さんにお見せしたいと思いますので、どうぞ期待していてください」とのコメントを寄せた。今年2月に{{T.O.P}}が入隊し、G-DRAGONを含めたメンバー4人は来年早々にも入隊が見込まれており、兵役前最後のツアーともささやかれている。

■『BIGBANG JAPAN DOME TOUR 2017 -LAST DANCE-』
11月18日(土):福岡 ヤフオク!ドーム
11月19日(日):福岡 ヤフオク!ドーム
11月23日(木):京セラドーム大阪
11月24日(金):京セラドーム大阪
11月25日(土):京セラドーム大阪
12月2日(土):ナゴヤドーム
12月3日(日):ナゴヤドーム
12月6日(水):東京ドーム
12月7日(木):東京ドーム
12月13日(水):東京ドーム
12月21日(木):京セラドーム大阪
12月22日(金):京セラドーム大阪
12月23日(土):京セラドーム大阪