NEWS

ニュース

ニュース一覧

3年連続で『SUMMER STATION』に出演した超特急 Photo by 深野輝美

2018/07/23 22:00

超特急、汗だくでキレキレダンス 連ドラ『ヒモメン』主題歌をライブ初披露  ダンス&ボーカルグループ・超特急が23日、東京・六本木ヒルズで開催中の日替わりフリーライブ『コカ・コーラ SUMMER STATION 音楽LIVE』(〜8月19日)に登場し、1時間にわたって全11曲を披露。アンコールでは15thシングル「Jesus」(8月8日発売)をライブ初披露し、8号車(超特急ファン)を沸かせた。

 都内で40度を記録する猛烈な暑さとファンの熱気でむせ返るなか、3年連続3回目の出演となる『SUMMER STATION』のステージは、ユーキの「お前ら楽しむ準備できてるか!?」のあおりで幕を開けた。

 アップテンポな「OVER DRIVE」「Summer love」でたたみかけ、「超えてアバンチュール」では変顔で沸かせたリョウガがユーキとユースケを抱き寄せ、「『(ただいま、)ゲーム実況中!!』楽しみです」とたびたび出演しているテレビ朝日の番組をアピール。ファンは色とりどりのペンライトを振ったり、飛び跳ねたりと大盛り上がりし、抽選で外れた大勢のファンも音漏れに耳を傾けながら声援を送った。

 タオルを振り回す「浮つきWAVES」では、カイが「アツすぎる! 汗だくなんですけど!」と漏らすと、タクヤは会場後方のコカ・コーラ販売ブースに向かって「お姉さん、大至急コカ・コーラ6本、ステージにお願いします!」と注文。ステージまで届けられると、リョウガが「せっかくだからコカ・コーラのCMをいただけるようにかっこよく飲んでみよう」と提案。それぞれ一気飲みしながら「このひととき、一生忘れない」(ユーキ)、「飲み合いっこしよ?」(ユースケ)などとキメせりふを披露し、「CMお待ちしてます」と猛アピールしていた。

 汗だくで10曲をパフォーマンスして本編を終えたメンバーは、「超特急」コールに応えて再登場。ユースケはこのライブの前に特別番組『超特急のenjoy3時間SP!!』の収録を行っていたことを報告し、大歓声があがった。続けて、18日スタートの窪田正孝主演ドラマ『ヒモメン』(毎週土曜 後11:15 テレビ朝日系)の主題歌に起用されている「Jesus」を初披露することを告げると、カイは「ドラマのスタッフの方が、主題歌の『Jesus』がバッチリはまったと言ってくださった」と胸を張り、サビの“ジーザス”“ビーナス”ポーズが印象的な新曲をパフォーマンス。超特急らしいコミカルさを交えたキレキレダンスで黄色い歓声を浴びていた。

■『コカ・コーラ SUMMER STATION 音楽LIVE』セットリスト
01. OVER DRIVE
02. Summer love
03. 超えてアバンチュール
04. Booster
05. refrain
06. We Can Do It!
07. Turn up
08. 浮つきWAVES
09. HOPE STEP JUMP
10. SAY NO
【アンコール】
11. Jesus

高橋メアリージュン(C)ORICON NewS inc.

2018/07/23 21:06

高橋メアリージュンが妹の婚約祝福「幸せな気持ちに」 卜部弘嵩、高橋ユウに求婚成功  モデルで女優の高橋メアリージュン(30)が23日、自身のブログを更新。妹でモデルの高橋ユウ(27)とK-1ファイター・卜部弘嵩選手(29)が婚約したことを受け、祝福の言葉を送るとともに「皆さん、私の妹と弟の応援宜しくお願い致します」とメッセージした。

 きのう22日放送の日本テレビ系バラエティー番組『行列のできる法律相談所』(後9:00)では、卜部選手がタキシード姿でサプライズ登場し、高橋ユウに公開プロポーズ。高橋は号泣しながら「お願いします」と快諾した様子が放送された。放送後にユウもブログを通じて「K-1選手である卜部弘嵩さんと婚約させていただきました」と改めて報告した。

 一夜明けたきょう23日には、姉のメアリージュンはブログを更新。きのうの放送を振り返り「姉はもちろん涙。ヒロくんこと卜部弘嵩選手は初めて挑む階級の試合に向け過酷な減量中&試合前にも関わらず、プロポーズや番組出演に向けての準備もしてくれていたこと。きっと緊張するシュチュエーションなのにすごく堂々としていて本当にかっこよかった!」とベタ褒め。

 最後は「本当にお似合いな二人。私も二人と会うといつも幸せな気持ちになります」と喜びをつづり「まだまだ話したいことはあるのですが、二人は婚約中ということで、また結婚した時に色々語りたいと思います 皆さん、私の妹と弟の応援宜しくお願い致します」と呼びかけた。

「ミス・アース」日本代表となった田中美緒さん (C)ORICON NewS inc.

2018/07/23 21:01

「ミス・アース」日本代表は石川県代表のモデル田中美緒さん  世界4大ミスコンテストの一つに数えられる美の祭典『2018 ミス・アース』の日本代表選考会が23日、都内で行われ、石川代表・モデルの田中美緒さん(24)さんがグランプリに輝いた。

 グランプリの名前を呼ばれ、驚きの表情を浮かべた田中さん。思わず涙を流し、手で顔を覆う姿が印象的だったが、スピーチでは「ビューティーキャンプからファイナリストの皆さんとは高め合ってきました。みんなの気持ちを背負って世界大会で頑張ってきます」と、11月の世界大会へ力強く意気込みを語った。

 モデル業は「石川県を中心としたショーに出演し、オーディションがあると東京に行っていました」という。今後については「もっと環境保全にまつわる活動に参加していきたい」と話し、芸能界入りを期待する声には「興味はあるけど、まずは環境保全のことを訴えていくことが一番大事だと思います」としていた。

 恋人の存在を問われ、赤面しながら「います」と明かすと「今まで支えてくれたので『ありがとう』と伝えたい。支えてくれた全ての方にも感謝を伝えたいです」と幸せいっぱいの笑顔を浮かべた。

 2001年に第1回の世界大会が行われ、ミス・ユニバース、ミス・インターナショナル、ミス・ワールドに匹敵する規模の同コンテスト。地球環境保護に対する意識や活動を重視した特徴的な内容となっており、例年90ヶ国弱が参加している。

 トップ5にはそのほか、2位に大阪代表・空港スタッフの三栖明日香さん(23)、3位に沖縄代表・モデルの嘉手川奈菜さん(21)、4位に岡山代表・受付の阿部明日香さん(25) が選出。

 また、同時開催された『2018 ミスター・ジャパン』には、東京代表の大学生・滝村剛さん(22)がグランプリ。スピーチでは「目標は世界一! これからさらに精進していきたいと思います」と決意新たに語り、役者業にも意欲を示していた。

『りぼんのふろく「カワイイ」のひみつ』表紙(C)矢沢漫画製作所/集英社

2018/07/23 19:56

『りぼん』最大発行部数255万部時代の“ふろく”本発売 表紙は矢沢あい氏の描き下ろし  少女漫画誌『りぼん』が最大発行部数を記録した1993年度を中心に、80〜90年台の「ふろく」の魅力を凝縮したカラー図版ムック『りぼんのふろく「カワイイ」のひみつ』が、25日に発行される。表紙は『NANA -ナナ-』『天使なんかじゃない』で知られる矢沢あい氏が描き下ろしている。

 2015年に発行された『りぼんの付録 全部カタログ〜少女漫画誌60年の歴史〜』が好評で、読者から「カラーでふろくをたっぷり見たい」という声が多数あがり実現した今作。2016年、京都国際漫画ミュージアムを皮切りに、「LOVE◆りぼん◆FUROKU〜250万乙女集合〜りぼんのふろく展」(◆=ハート)と題して巡回展示された、貴重な組み立てふろくを撮影し、漫画家のふろく原画や当時の資料を集め、多角的に「りぼんのふろく」を理解するヴィジュアルムックを編集した。

 内容も図版に加え、水沢めぐみ氏・吉住渉氏・矢沢あい氏・小花美穂氏の対談、池野恋のコミックエッセイなどと充実のコンテンツ。84年、92年の組み立てふろくを2種・復刻収録しており、当時の「250万乙女」から今の少女まで、一緒に眺めて、組み立てて、楽しめる1冊になっている。

 『りぼん』は1955年創刊で、93年9月号で252万部、94年2月号で255万部を達成。その時代の読者「りぼんっ子」の総称が“250万乙女”と呼ばれ、80年代初頭に生まれた少女たちがコアな読者層。80〜90年代は、『ママレード・ボーイ』『姫ちゃんのリボン』『天使なんかじゃない』『赤ずきんチャチャ』などが掲載され、クラスの約半分の女子が『りぼん』を読んでいた時代で、華やかなイラストがいろどる紙の組立てふろく全盛期でもあった。

イベントにMCとして参加する逢田梨香子

2018/07/23 19:14

『MUSIC B.B.』アニソンライブ31日開催 MCの逢田梨香子「特別な時間を作れたらいいな」  TOKYO MXなどで放送中の音楽情報番組『MUSIC B.B.』のアニソンライブイベント第2弾が、31日に東京・渋谷TSUTAYA O-EASTで開催。開幕まで約1週間となり、同番組のナレーション、イベントでMCを務める人気声優・逢田梨香子からコメントが寄せられた。

 同番組は、1999年4月にスタートし、今年で放送20周年を迎える音楽番組。ブレイク前のアーティストの素顔が見られるほか、アニソンシンガーやロックバンド、アイドルまで幅広く出演しているのが特徴だ。

 今回は昨年末に行われたライブの第2弾で、『MUSIC B.B. 20th Anniversary ANISON B.B. FESTIVAL』と題して開催。いとうかなこや、綾野ましろ春奈るな、河野万里奈、akiなど、アニソン界を代表するアーティストが10組以上出演する。

 MCを務める逢田は「元々アニソンが大好きなので、こんな豪華な出演者様とご一緒できるなんて本当に夢のようです! MCという役割をしっかりと務めるのはもちろんですが、私自身も全力で楽しみたいと思います! 皆さまと一緒に特別な時間を作れたらいいなと思っていますので、7月31日は会場でお会いしましょうね!」とコメントした。

 31日に東京・渋谷TSUTAYA O-EASTで、午後6時から開演。チケットは5500円(別途ドリンク代)。

2018/07/23 18:54

<NHK>2020応援ソング、米津玄師プロデュース楽曲「パプリカ」を東京2020マスコットと小学生ユニット「Foorin」が歌って踊る!  『<NHK>2020応援ソング』として米津玄師が書き下ろした新曲「パプリカ」は、 7月19日(木)にMusic Videoが解禁されたばかりだが、この「パプリカ」を歌う小学生ユニット「Foorin」が、7月22日(日)名前が発表になった東京2020マスコットのミライトワ/ソメイティと共演する事が発表された。

 2020年とその先の未来に向かって頑張っている全ての人を応援するプロジェクトとして、東京2020公認プログラムにもなっている『<NHK>2020応援ソングプロジェクト』。
 東京オリンピック競技大会の開幕2年前となる7月24日(火)には、NHKで特別番組「内村五輪宣言」が放送され、2020年に向けての各競技のアスリートや組織委員会の様々な取り組みを紹介。
内村光良氏が日本中に五輪宣言する内容になっている。

本日のNHK広報より、この「内村五輪宣言」でFoorinが生出演し、「パプリカ」を初披露する事が発表され、さらに名前が決定したばかりの東京2020マスコットのミライトワ/ソメイティが、Foorinと共演する事もあわせて告知された。

2020年に向けて、今後も様々なイベントに出演が予定されている東京2020マスコットのミライトワ/ソメイティだが、今後のFoorinとの「パプリカ」歌唱での共演が楽しみだ。

8月15日(水)にはソニー・ミュージックレコーズよりCDが発売。
米津玄師の印税は全額、『独立行政法人・日本スポーツ振興センター スポーツ振興基金』に寄付され、ソニー・ミュージックレレコーズの収益も同様に寄付される。共に次世代アスリートの育成などのために使われる計画となっている。

■NHK「内村五輪宣言」
7月24日(火)午後7:30〜8:43放送
司会:内村光良、杉浦友紀
アーティスト:Perfume、Foorin 他

米津玄師の楽曲ダウンロードはこちらから

秋元才加(C)ORICON NewS inc.

2018/07/23 18:51

秋元才加、ラッパー・PUNPEEと熱愛報道 事務所「本人に任せています」  女優の秋元才加(29)が23日、週刊誌『FLASH』のウェブ版で人気ラッパー・PUNPEE(パンピー、34)との熱愛を報じられた。秋元の所属事務所は同日、ORICON NEWSの取材に対し、「プライベートは本人に任せています」とコメントした。

 同誌では7月上旬の早朝、PUNPEEのライブ終了後に帰宅途中とみられる2人を直撃しており、同誌の問いかけに対しPUNPEEは「はい、付き合っています。同せいはしていません」と返答したという。秋元の事務所は同誌の取材に対しても「本人に任せています」と回答したと伝えている。

 秋元はアイドルグループ・AKB48のメンバーとして活躍し、13年8月に卒業。女優としても、 テレビドラマ『サラリーマン金太郎2』『名探偵コナン 工藤新一への挑戦状』、 映画『ウルトラマンサーガ』など多くの作品に出演している。

 PUNPEEはソロでの活動のほか、宇多田ヒカルの楽曲のリミックスやTBS系『水曜日のダウンタウン』(毎週水曜 後10:00)のオープニング曲・ジングルなどでも知られる。

2018/07/23 18:40

「NISSANあ、安部礼司コラボツアー2018」第3弾 10/7(日)「THE GREAT SATSUMANIAN HESTIVAL 2018」Caravanと共演!  平均的なサラリーマンの日常を描いた大人気ラジオドラマ『NISSAN あ、安部礼司?BEYOND THE AVERAGE?』(日曜日17:00?17:55放送)が、10月7日(日)に鹿児島県鹿児島市桜島多目的広場&溶岩グラウンドで開催されるフェス「THE GREAT SATSUMANIAN HESTIVAL 2018」のステージで、フジファブリック、大澤誉志幸に続く安部礼司コラボツアーの第三弾として、独自の音楽でフリーダムを感じさせるCaravanと共演することが決定した。

◆NHK大河ドラマ『西郷どん!』で盛り上がる鹿児島の地で、Caravanと初共演!
平均的なサラリーマンの日常を描いた大人気ラジオドラマ『NISSAN あ、安部礼司?BEYOND THE AVERAGE?』(日曜日17:00?17:55放送)では、「NISSANあ、安部礼司コラボツアー2018」と銘打ちこの夏以降、全国で開催されるフェスへの出演が決定していますが、第3弾の10月7日(日)鹿児島県鹿児島市桜島多目的広場&溶岩グラウンドで開催される秋フェス「THE GREAT SATSUMANIAN HESTIVAL 2018」のステージでフジファブリック、大澤誉志幸に続く安部礼司コラボツアーの第三弾として、独自の音楽でフリーダムを感じさせるCaravanと共演することが決定しました。安部礼司と初共演となるCarvanは「ラジオドラマで生演奏するのは初体験。なにが起こるのかワクワクしています。たくさんの夏フェスに参加して来たけど、こういう参加の仕方はかなりレアです」とコメントを寄せました。
なお、フェスの登場時間など詳細については、「THE GREAT SATSUMANIAN HESTIVAL 2018」のオフィシャル・サイトをご確認下さい。

■『NISSAN あ、安部礼司?BEYOND THE AVERAGE?』
◇放送日時: 毎週日曜17:00?17:55
◇放送エリア:TOKYO FMを含むJFN37局ネット
◇番組内容:ごく平均的なサラリーマン「安部礼司」が、社会の荒波に揉まれながら成長していく様子を描いたラジオドラマ。2018年5月から3本立てのオムニバス形式にリニューアルしました。主人公・安部礼司が働く神保町に焦点を当て、そこで働く人たちにフォーカスした「神保町WATCHING」、安部礼司の会社「大日本ジェネラル」で巻き起こる出来事、そして安部礼司の家族にまつわる話をオンエアしています。

Caravanの楽曲ダウンロードはこちらから

2018/07/23 18:29

moumoon TVアニメ『夢王国と眠れる100人の王子様』OP曲を含むアルバム「summer moon -excited-」配信開始を記念して音楽チャットイベント「Listen with」に登場! auの音楽サービスの「うたパス」では、「うたパス」アプリならびに、定額制音楽配信サービス「KKBOX」のアプリで参加することができるアーティストとのコミュニケーションイベント“Listen with”を、7月30日(月)に開催する。
今回は、男女2人組ユニットのmoumoon(ムームーン)を迎え、参加ユーザーとともに一緒に音楽を聴きながらチャットでのコミュニケーションを行う。

7月30日(月)に開催されるListen withイベントには、TVアニメ『夢王国と眠れる100人の王子様』(TOKYO MXほかにて放送中)のOP曲に起用された「あふれる光」を含む、夏にぴったりな彼らの楽曲群をセレクトした配信限定ニューアルバム、「summer moon -excited-」をリリースしたばかりの男女2人組ユニットmoumoonが登場!
moumoonは、映画・ドラマ主題歌のほか、CMタイアップ楽曲にも数多く起用されるなど、その柔らかでナチュラルな音楽を中心に、独特の世界観で魅せる音楽ユニットとして、国内だけでなく海外からも高い評価を受けている注目のアーティストだ。

“Listen with”は、ユーザー自らが選曲した音楽/プレイリストをリアルタイムで他のユーザーと一緒に聴きながらチャットができる、うたパス/KKBOXで展開する新感覚のソーシャル機能です。Listen withイベントではこの機能をゲストが使用し、自身の曲・影響を受けた曲・好きな曲などを再生し、ファンをはじめ多くのユーザーと直接チャットで会話を展開します。思いがけないこぼれ話や秘蔵写真など、この場だけで感じられる音楽体験に注目が集まっている。

■Listen withイベント詳細
Listen with moumoon(ムームーン)
実施日時:7月30日(月)19:30〜21:00
※当日はYUKA、MASAKIが登場します。
*Listen withイベント情報ページ : http://listenwith.jp/
*イベントはうたパス/KKBOXアプリから参加可能。

moumoonの楽曲ダウンロードはこちらから

波が映し出されたスクリーンの前に立った井上涼氏 (C)ORICON NewS inc.

2018/07/23 18:23

葛飾北斎『富嶽三十六景・神奈川沖浪裏』“波”を体感できる展覧会開催  葛飾北斎『富嶽三十六景・神奈川沖浪裏』の世界を体感できる展覧会『トーハク×びじゅチューン! なりきり日本美術館』が、あす24日から東京国立博物館で開幕する。それに先立ち、きょう23日に内覧会が行われ、アーティストの井上涼氏が同展覧会をアピールした。

 『びじゅチューン』は、井上氏が作詞・作曲・歌・アニメーションを手がけるNHKのEテレ番組。今回の企画は、『びじゅチューン』とのコラボによる参加・体験型展示となる。会場では「なりきり」をキーワードに、番組でお世話になった同博物館所蔵品5点の高精細画像による複製や映像などを使った体験展示が行われる。

 葛飾北斎の『富嶽三十六景・神奈川沖浪裏」は番組で、富士山に恋した彼が大きく伸び上がってアピールする「ザパーンドプーンLOVE」という曲になった。同展では「体感! ザパーンドプーン 北斎」と題して、スクリーンにリアルサイズの波を再現し波の大きさを体感、波の気持ちになって、設置されたマイクに向かって大声で富士山に思いを伝えることができ、作品の世界で遊べる。

 そのスクリーンの前に立った井上氏は「波がスクリーンに映し出されると、その場所の横から風が吹く。絵の中に入ったら『本当は風がすごく吹いていたんだよ』とか状況を体感できるなりきり、ポーズを決めたなりきりなどができる」とアピール。

 さらに「なりきりから始まって本物に出会って色んな面から美術を体験できるこの展覧会は、意義があるものだと思います」と力を込めた。

 同展は、あす24日から9月9日まで、東京国立博物館・本館で開催される。

人気急上昇特集ページ

最新アルバム『DINOSAUR』を体現した “LIVE DINOSAUR” ツアー、待望のリリース!