ふたりのかげ

価格(税込)¥257

ふたりのかげ の 歌詞

歌詞は無料で閲覧できます。

街灯がうつしだした ふたりのかげはゆっくりと
君の家のほうへ のびて ほどなく消えた

明日には いいことが ふたりにあるかなぁ

時々 全てはこわれかけて 君は言葉をなくしてしまう
ぼくでは涙を うまくぬぐえない
帰りの道 かげはひとつだけ

最終の地下鉄は 誰かの事故で混んでいて
人波におされて ぼんやり時計をみていた

明日まで あと少し なにかがかわるかなぁ

ぼくらが 生まれて消えるあいだ どれだけ人を救えるだろう
汚れたマドには何もうつらない
君はもう眠ってしまったんだろうか

明日には いいことが たくさんあるかなぁ

十字路を 曲がるまでふり続けた その手は君にみえただろうか
信じるだけでは 何もかわらない
そうして今日はすぎていくんだ

Powered by

この曲を購入する

  曲名 時間 高音質 価格(税込)  
04:09
高音質
¥257

このページにリンクをはる

■URL

たとえば…
・ブログのコメントや掲示板に投稿する
・NAVERまとめからリンクする

■テキストでリンクする