思い出せなくなるその日まで

価格(税込)¥261

思い出せなくなるその日まで の 歌詞

歌詞は無料で閲覧できます。

世界で1番大事な人が いなくなっても日々は続いてく
思い出せなくなるその日まで 何をして何を見て
息をしていよう

ひらひら輝くこの雪も季節も せめてあなたがそばにいれば
今ではただ冷たくて 邪魔くさいだけね
寒いねって言ったら 寒いねって聞こえる
あれは幸せだったのね

たとえばあなたといた日々を 記憶のすべてを消し去る事ができたとして
もうそれは私ではないと思う 幸せひとつを
分け合っていたのだから

私の半分はあなたで そしてあなたの半分は
私でできていたのね それならこんなに痛いのも
涙が出るのも 仕方がない事だね

あなたの好きだった冬の上で いつかしたケンカを思い出してる
春になればまたきっと 花は咲くんだけど
もう何も何も 出来ないままで
誰も誰も 悲しいままで

たとえばあなたといた日々を 記憶のすべてを消し去る事ができたとして
もうそれは私ではないと思う 悲しみひとつも
分け合っていたのだから

私の半分はあなたで そしてあなたの半分は
私でできていたのね それならこんなに痛いのも
涙がでるのも きっと私だけじゃないね

Powered by

この曲を購入する

  曲名 時間 高音質 価格(税込)  
04:34
高音質
¥261

このページにリンクをはる

■URL

たとえば…
・ブログのコメントや掲示板に投稿する
・NAVERまとめからリンクする

■テキストでリンクする