ふるえる手

価格(税込)¥257

ふるえる手 の 歌詞

歌詞は無料で閲覧できます。

いつもふるえていた
アル中の父さんの手
ぼくが決意をした日
"やれるだけやってみろ"って
その手が背中を押した
"何度だって やり直せばいい"

ぼくが描いた夢に向かって
歩きはじめたあの日を
忘れることなんてない どんな日も

夏の区営プールで
泳ぎを教わった日も
指がふるえていた
「父さん、もう平泳ぎはいいから…」って心で言った
かっこ悪くて 真っ直ぐで

いつかのぼくの結婚式で
そのふるえる手が見たかった
不器用な言葉と…

ぼくが望んだ夢に向かって
もう何度もつまずきながら
歩き続けています あの日から

Powered by

この曲を購入する

  曲名 時間 高音質 価格(税込)  
03:21
高音質
¥257

このページにリンクをはる

■URL

たとえば…
・ブログのコメントや掲示板に投稿する
・NAVERまとめからリンクする

■テキストでリンクする