忘れもの

価格(税込)¥261

忘れもの の 歌詞

歌詞は無料で閲覧できます。

終わりとは過ぎると何も無かった様に
人を錯覚させてもたまに思い出して

それもこの上なく高級ヤスリで磨き上げられて
キレイになってなお人を傷付ける

あの大きかった木
今になってはブロッコリー程小さくって
でもグリーンティーの苦味みたいに
離れないの

あの日のあたしのチッポケなわがままは
何が欲しかったワケじゃなくて
ただあのパンクス達のハートに
終わらない歌のスタンプを押したかっただけ

終わりの頂上目指して螺旋階段
のぼる途中頭あげても上は見えぬ

思い出にするには勿体な過ぎる過去を
武器にして涙もピザポテトに変えていくのか

あの小さ過ぎた手で
いつか離れぬ様ボンドでくっつけた
価値観が麻痺してくる
どうしようも無い程

あの日のあたしのチッポケなわがままは
何が欲しかったワケじゃなくて
ただあのパンクス達のハートに
終わらない歌のスタンプを押したかっただけ

Powered by

この曲を購入する

  曲名 時間 高音質 価格(税込)  
04:15
高音質
¥261

このページにリンクをはる

■URL

たとえば…
・ブログのコメントや掲示板に投稿する
・NAVERまとめからリンクする

■テキストでリンクする