十六夜

価格(税込)¥324

十六夜 の 歌詞

歌詞は無料で閲覧できます。

見上げる星の海 寄り添う ような女波(みなみ)
夢の 始まる場所 霧の光 注ぐ夜

君と紡ぐ 時間(とき)の糸ならば
優しい恋 結ぶのでしょうか
榕樹(カジュマル)に抱かれて
静けさが一片(ひとひら)
君が触れる ぬくもり 瞳閉じて

巡りくる 銀の波の中で
ふたり ゆらり 揺られながら
嗚呼 果てなく 君を愛しく 思う
十六夜、月の下で。

馳せる 想い遥か 重なり 合う言ノ葉
胸に 宿る静寂(しずか) ココロ莟(つぼみ) 開かせる

砂に続く ふたつ足跡は
古(いにしえ)から 伝う軌跡のよう
口唇にこぼれる やわらかな恋唄
今も傍で微笑む 大事な人

ただ君の 名前を呼ぶだけで
じわり 泪が解けゆく
嗚呼 信じる強さ教えて くれる
十六夜、恋の雫。

密やかな凪のように ふたりの中に育む
その気持ちの ひとつひとつが宝物

巡りくる 銀の波の中で
ふたり ゆらり 揺られながら
嗚呼 果てなく 君を愛しく 思う
十六夜、月の下で。

Powered by

この曲を購入する

  曲名 時間 高音質 価格(税込)  
04:36
高音質
¥324

このページにリンクをはる

■URL

たとえば…
・ブログのコメントや掲示板に投稿する
・NAVERまとめからリンクする

■テキストでリンクする