友達の詩

価格(税込)¥257

友達の詩 の 歌詞

歌詞は無料で閲覧できます。

触れるまでもなく先の事が 見えてしまうなんて
そんなつまらない恋を 随分続けて来たね

胸の痛み 直さないで 別の傷で隠すけど
簡単にばれてしまう どこからか流れてしまう

手を繋ぐくらいでいい 並んで歩くくらいでいい
それすら危ういから 大切な人は友達くらいでいい

寄り掛からなけりゃ側に居れたの? 気にしていなければ
離れたけれど今更… 無理だと気付く

笑われて馬鹿にされて それでも憎めないなんて
自分だけ責めるなんて いつまでも 情けないね

手を繋ぐくらいでいい 並んで歩くくらいでいい
それすら危ういから 大切な人が見えていれば上出来

忘れた頃に もう一度会えたら 仲良くしてね

手を繋ぐくらいでいい 並んで歩くくらいでいい
それすら危ういから 大切な人が見えていれば上出来

手を繋ぐくらいでいい 並んで歩くくらいでいい
それすら危ういから 大切な人は友達くらいでいい

友達くらいが丁度いい

Powered by

この曲を購入する

  曲名 時間 高音質 価格(税込)  
05:44
高音質
¥257

このページにリンクをはる

■URL

たとえば…
・ブログのコメントや掲示板に投稿する
・NAVERまとめからリンクする

■テキストでリンクする