NEWS

ニュース

ニュース一覧

“コント芸日本一”に輝いたハナコ(左から)菊田竜大、秋山寛貴、岡部大 (C)ORICON NewS inc.

2018/09/23 05:00

ハナコ、KOC優勝でお笑い界に新風 若手芸人の台頭に期待高まる  “コント芸日本一”を決める『キングオブコント(KOC)2018』決勝戦が22日、東京・赤坂のTBSで行われ、トリオ結成4年目のハナコが11代目キングの栄光に輝き、優勝賞金1000万円を獲得した。大会後に行われた囲み取材では、大勢の報道陣を目の当たりにし「うわーすげー実感沸かない」と率直な感想を漏らした3人。審査員長のダウンタウン松本人志も「4年目でこのレベルはなかなかですよね。2本とも面白かったですから。この先の将来が楽しみ」と絶賛するなど、文句なしでキングの座を勝ち取った。

 2014年に結成し、『ワタナベお笑いNo.1決定戦2018』『お笑いハーベスト大賞2018』の優勝経験を持つハナコは、菊田竜大(31)、秋山寛貴(27)、岡部大(29)の3人組。1stステージは3位の464点だったが、ファイナルステージは472点と巻き返し、トータル936点。一方、1stステージ1位のチョコレートプラネットは、ファイナルステージで440点と振るわず、トータル918点で3位に沈み、ハナコが逆転で総エントリー数2490組の頂点に立った。

 秋山は優勝直後の率直な思いを「勝とうということで1年間頑張ってきて、決勝に行った時点で夢のようで実感が沸かなかったんですけど、この囲まれている状況の訳がわからないです。信じられないです」と説明。岡部も「誰よりも楽しもうと決めていたので、準備は万全にしていきました。きょう本当に楽しくコントができたので、それがお客さんに伝わったんじゃないかな」とかみしめるように語った。

 結成4年目ながら各賞レースで結果を残すなど、実績は十分。ところが、収入面ではまだまだのようで、秋山が「お笑いの収入は平均月収1〜2万円です」と明かすと、岡部も「先月は恥ずかしい話、0円でした。給与明細が届かなくて、事務所に問い合わせたら『0円の月は出さないです』と言われまして…」とポツリ。しかし、千載一遇のチャンスをモノにし、芸人としての実力で1000万円をもぎ取った。

 優勝賞金の使い道については、2本のコントでの「出番が少ない」とイジられていた菊田が「3等分でお願いします。そこは平等に」とにっこり。築地市場の塩屋でバイトをしている秋山が「本当に今までお笑いの収入がなかったので、お礼回りと、バイト先のシャッターがボロいので、それを直したい」と明かすと、岡部も「本当に犬が大好きで、実家に住んでいた頃は飼っていたので、もし運命的な出会いがあったら飼いたいです」と1本目のネタで自身がなりきった犬との暮らしを夢見た。

 寿司屋でバイトをしている岡部が「朝5時起きで、週3〜4くらいでやっています」と話すと、秋山は「僕のバイト先の向かい側で、半径5メートルくらいのところにあるので、バイト中に岡部が出てきてネタの設定を話したりすることがある」と常に頭の中はお笑いのことでいっぱい。そんな2人とは対照的に、ネタ作りに参加していない菊田は「それでも3人でやっていきます」と力強く宣言して笑わせた。

 ハナコと同じワタナベエンターテインメント所属で、昨年の同大会では準優勝ながら強烈なインパクトを残したにゃんこスターは、当時結成わずか5ヶ月だった。若手芸人にスポットを当てたフジテレビ系バラエティー番組『新しい波24』(2017年4月〜9月)で、ハナコとともに共演していたゆりやんレトリィバァは、昨年12月に行われた女芸人No.1を決める大会『女芸人No.1決定戦 THE W(ザ ダブリュー)』で初代王者に輝き、霜降り明星も昨年9月の『第38回ABCお笑いグランプリ』で優勝した。

 そんな中にあって、今回ハナコが手にした『KOC』優勝は、若手芸人の勢いを改めて感じさせるものとなった。2月に『ワタナベお笑いNo.1決定戦』のチャンピオンに輝いた際には「今年は賞レース全部獲ろうと約束したので、キングオブコント、ABCお笑い新人グランプリ、NHKお笑い新人大賞、お笑いハーベスト大賞を取れるように頑張っていきます」との意気込みを語っていた3人。お笑い界に、確実に新たな風が吹き始めている。

■『キングオブコント2018』ファイナルステージ順位
1位 ハナコ 936点(1st:464点 ファイナル:472点)
2位 わらふぢなるお 922点(1st:468点 ファイナル:454点)
3位 チョコレートプラネット 918点(1st:478点 ファイナル:440点)

10月7日スタートのTOKYO FM『杉咲花のFlower TOKYO』でパーソナリティーを務める杉咲花

2018/09/23 05:00

杉咲花、念願かなって初レギュラーラジオ「にんまり顔が止まりません」  女優の杉咲花が、10月7日スタートのTOKYO FM『杉咲花のFlower TOKYO』(毎週日曜 前9:00〜9:30)で、パーソナリティーを務めることがわかった。「ラジオ番組を持つことが夢だった」という杉咲が、念願かなって自身初レギュラーラジオをスタートさせる。

 日曜午前9時の東京の朝のひとときに、名前のとおり「花」を添えるような30分。番組タイトルは杉咲自ら命名し、映画・ドラマでの演技とは一味違う“素顔”のトークを展開したり、自ら選曲を担当したり、リスナーからのお悩み相談にも挑戦したりと、ラジオならではの様々な企画に挑戦していく。

 杉咲は「なんと、大好きなラジオの冠番組を持たせていただくことになりました! うれしくてうれしくて、にんまり顔が止まりません。これからの日曜日が、みなさんにとっての素敵な休日となるように頑張りますので、是非聴いてください。毎週日曜朝9時からは、『杉咲花のFlower TOKYO』! うれしいなぁ」と喜びを爆発させている。

福島応援駅弁をプロデュースした泉谷しげる

2018/09/23 04:00

泉谷しげる、福島応援駅弁をプロデュース「単なる“名義貸し”じゃない!」  シンガー・ソングライターの泉谷しげる(70)が、福島の復興をテーマにした『泉谷しげる 福島応援駅弁』をプロデュースしたことが22日、わかった。西日本豪雨災害や大型台風、大阪・北海道の地震など多くの災害が続いているが、福島産の食材を使ったスペシャル駅弁を手がけた泉谷は「まずは福島から元気にしていく」と意欲を見せている。

 東日本大震災から7年が経過した現在でも、福島は風評被害に悩まされている。「食と観光をアピールしていくことが復興の醍醐味」と提案した泉谷は、福島・郡山の駅弁業者『福豆屋』の協力を受け、応援駅弁づくりに取り組んだ。県内の生産地を自ら訪れ、味のチェック、食材の選定からデコレーションまで関わる力の入れようで「これは俺の名前だけを貸した、単なる“名義貸し”の商品じゃない!」と断言した。

 「中途半端な気持ちで取り組むものじゃない。やるからには本気でやらないと気持ちが届かない」と、駅弁を包む掛け紙も自らデザイン。今回はチャリティーではなく「復興をテーマに福島県産の食・観光・産業を全国にアピールする」ことが大きな目的だとし「福島県の魅力を駅弁で味わってほしい」と語っている。

 完成した駅弁は、10月6、7日に東京・日比谷公園で開催される『鉄道フェスティバル』内での販売を皮切りに、10月中旬から都内の駅弁販売所、福島駅、郡山駅などで販売予定。価格などの詳細は近日中に発表される。

劇場版『リケ恋〜理系が恋に落ちたので証明してみた。〜』(2019年2月1日公開)に出演する桜田通

2018/09/23 03:21

劇場版『リケ恋』2・1公開、桜田通ら新キャスト発表  浅川梨奈、西銘駿のダブル主演で、9月よりテレ玉ほか全国7局で放送中のドラマ『リケ恋〜理系が恋に落ちたので証明してみた。〜』。ドラマの放送終了に公開予定の劇場版の初日が、来年2月1日に決定。さらに、劇場版で登場するオリジナルキャラクターの“文系バカ”メンバーのキャストとして、桜田通、佐藤友祐(lol)、鈴木つく詩の出演が発表された。

 同作は、山本アリフレッド氏の同名漫画フレックスコミックス「COMIC メテオ」(掲載)が原作。ツンデレ理系美女・氷室菖蒲(浅川)と、飛びぬけた理系バカの雪村心夜(西銘)が、「お互いを好き」であるかを理論的に証明しようとする
理系恋愛実験ラブコメディー。

 劇場版ではドラマ版から発展した“恋の実験”が新たな「胸キュンドラマ」を巻き起こす。ドラマで描かれた実験がさらに深化して映画だけのオリジナルストーリーへ。“理系バカ”だけに留まらず、“文系バカ”の神凪悠(桜田)、黒崎藤馬(佐藤)、朝比奈蓮華(鈴木)らを巻き込んで、思いもよらない方向へ進んで行く。

 劇場版のオープニング曲は、ハワイで生まれのヒップホップアーティスト・JEY-Jの「Tearin' Us Apart feat. A. Rose Jackson」。主題歌は、藤野未来(Vo. & Gt.)とKILT(Ba.)の2ピースロックバンド・nelの「忘れないで」に決定した。

■キャストプロフィール
▽桜田通
 1991年12月7日生まれ。東京都出身。ミュージカル『テニスの王子様』にて主役を務め、その後『劇場版さらば仮面ライダー電王 ファイナル・カウントダウン』(2008年)野上幸太郎役で主演。近年は『クズの本懐』(17年、フジテレビ)に主演。映画『君の膵臓をたべたい』(17年)、映画『ばあちゃんロード』(18年)、映画『EVEN〜君に贈る歌〜』(18年)では主演バンドのメインボーカル役、『花のち晴れ〜花男 Next season』(18年、TBS)などにも出演。

▽佐藤友祐
 1996年6月11日生まれ。北海道出身。TRFAAAに次ぐavex traxの男女混合ダンス&ヴォーカルグループ・lolのメンバー。lolでは、2015年『第57回 輝く!日本レコード大賞 新人賞』を受賞。『私のホストちゃん』(13年)、 BS-TBSスマホラー劇場『悪魔召喚』(14年)、dtv『進撃の巨人』(15年)、映画『一礼して、キス』(17年)などに出演。

▽鈴木つく詩
 1995年11月8日生まれ。神奈川県出身。2006年、ドラマ『マイボス☆マイヒーロー』(日本テレビ)に梅村のぞみ役で出演。映画『強盗とサボテン』(13年)では、ヒロイン・小町役を務める。AKB48「365日の紙飛行機」、BLUE ENCOUNT「だいじょうぶ」のPVにも出演。17年ミスユニバースジャパン神奈川県大会でプリンセス賞を受賞。映画『仮面ライダーアマゾンズ』(18年)、映画『DERIVERY』に主演(18年)など。

NHK総合で12月19日放送、長編コメディー『LIFE!スペシャル 忍べ!右左エ門(うさえもん)』主演は内村光良

2018/09/23 02:12

『LIFE!』発・忍者アクションコメディー、年末放送 堤真一・永野芽郁も出演  内村光良率いるNHKのコント番組『LIFE!』でおなじみのメンバーを中心に、初の長編コメディー『LIFE!スペシャル 忍べ!右左エ門(うさえもん)』を制作。総合テレビで12月19日(後10:00〜11:10)に放送される(12月1日に開局するNHK BS4Kチャンネルでも放送予定)。

 「宇宙人総理」など『LIFE!』の人気キャラクターの数々を生んだ倉持裕氏の完全オリジナル脚本による、笑いあり、ハラハラドキドキのアクションあり、心温まるドラマありの時代劇コメディー。

 江戸の町でさびれた居酒屋を営む右左エ門(内村)は元忍者。ある日、かつての忍者仲間の長次(古田新太)から、息子(中川大志)の結婚相手・おこと(永野芽郁)の生き別れた父親(堤真一)を探してほしいと頼まれる。すると驚愕の事実が明らかに。右左エ門たちはなまった体に鞭打ってまさかの江戸城潜入。待ち受ける最強の現役忍者たち。右左エ門は無事、おことの父を探し出すことができるのか…。

 ドラマ『アシガール』の若君役で話題の伊藤健太郎が、最強忍者役で悪役に挑戦するほか、シソンヌ、田中直樹、塚地武雅、ムロツヨシらも大活躍。このほかの出演俳優は後日発表される。

欅坂46の米谷奈々未(後列右から3人目)が卒業を発表

2018/09/23 00:06

欅坂46米谷奈々未、年内卒業で学業専念「新たな道を探す」  アイドルグループ・欅坂46の米谷奈々未(18)が、年内をもってグループから卒業することが22日、公式サイトで発表された。

 欅坂46運営委員会は公式サイトで「欅坂46のメンバーとして活動しております米谷奈々未ですが、7thシングル『アンビバレント』の活動をもってグループから卒業することになりました」と報告。卒業の時期に関しましては、具体的な日程が決まりましたら改めてご案内いたします」としている。

 米谷も自身のブログで「みなさんにお伝えしたいことがあります。年内で欅坂46を卒業し、7枚目のシングルを最後に学業に専念します。急なご報告となってしまいすみません」とお詫びをまじえて報告。

 卒業を決めた理由については、2015年8月、高校1年生で加入してから3年が経ち、「大学に入って、落ち着いて自分のことを考える余裕ができて。将来なにがしたいかな。そのためには今私がどうしたらいいのかな。と考えた時、学業に専念し、新たな道を探すという決断に至りました」と明かした。

 続けて「私はもうみなさんとは会えないけれど、これからも欅坂46を応援していただけると嬉しいです。こんな私でごめんなさい。今までありがとうございました」とファンにあいさつ。予定されている握手会には参加する。

 同グループでは今泉佑唯(19)も7枚目シングルの活動を最後に卒業することを発表している。

惜しくも優勝を逃したチョコレートプラネット(左から)長田庄平、松尾駿

2018/09/22 22:27

チョコプラ、初栄冠は「まぼろし〜」 またも『KOC』優勝逃す  “コント芸日本一”を決める『キングオブコント(KOC)2018』決勝戦が22日、東京・赤坂のTBSで行われ、ハナコが11代目キングに輝いた。1stステージ首位通過で“王手”をかけていたチョコレートプラネットは、逆転優勝を許し、涙をのむ形となった。

 2014年の同大会で準優勝。リベンジを誓い臨んだ今回は、ブレーク中のIKKO(松尾駿)、和泉元彌(長田庄平)物まねを“封印”した。コント師として盤石の強さを発揮していたが、最終順位は3位。つかみかけていた栄冠を逃した松尾は、IKKOネタを解禁し「(優勝は)まぼろし〜」と、悲しく叫んだ。

 審査員のバナナマン・設楽統は「チョコプラは『跳ねろ!』と思いながら見ていました。(優勝に)指がかかった状態だったけど…」と惜しみながら「ハナコがすごい。もっともっとコントが見たい」と新王者を称賛。ダウンタウン松本人志も「ちょっと、チョコプラは小道具に頼りすぎたかな」と、渋い表情で評価した。

 見事に1stステージ3位から逆転優勝を決めたハナコは、14年結成の菊田竜大、秋山寛貴、岡部大からなるトリオ。チャンピオンとして名前を呼ばれると「うわ〜! すご〜い!」「マジで!?」と興奮気味に喜びを爆発させた。

 今大会は、史上初となるファイナリスト10組を決勝当日の生放送で随時発表。総エントリー2490組から、やさしいズ、マヂカルラブリー、ハナコ、さらば青春の光、だーりんず、チョコレートプラネット、GAG、わらふぢなるお、ロビンフット、ザ・ギースが決勝進出を決めた。

 大会初の女性MCとして女優の葵わかなを抜てきし、ダウンタウンの浜田雅功との2人体制で進行し、審査員の松本、さまぁ〜ず、バナナマンが、1人100点の500点満点で採点。上位3組のチョコレートプラネット、わらふぢなるお、ハナコがファイナルステージに進み、審査員5人が出す合計点の高さで優勝を争った。優勝賞金1000万円。

 同大会は2008年から毎年行われ、今年で11回目。プロアマ問わず、芸歴制限なく出場可能で、歴代キングはバッファロー吾郎東京03、キングオブコメディ、ロバート、バイきんぐ、かもめんたる、シソンヌコロコロチキチキペッパーズライスかまいたちが名を連ねている。

■『キングオブコント2018』ファイナルステージ順位
1位 ハナコ 936点(1st:464点 ファイナル:472点)
2位 わらふぢなるお 922点(1st:468点 ファイナル:454点)
3位 チョコレートプラネット 918点(1st:478点 ファイナル:440点)

“コント芸日本一”に輝いたハナコ(左から)菊田竜大、秋山寛貴、岡部大 (C)ORICON NewS inc.

2018/09/22 21:48

ハナコが『KOC』11代目王者に ファイナル3位から逆転優勝  “コント芸日本一”を決める『キングオブコント(KOC)2018』決勝戦が22日、東京・赤坂のTBSで行われ、トリオ結成4年目のハナコが11代目キングの栄光に輝き、優勝賞金1000万円を獲得した。

 2014年に結成し、『ワタナベお笑いNo.1決定戦2018』『お笑いハーベスト大賞2018』の優勝経験を持つハナコは、菊田竜大(31)、秋山寛貴(27)、岡部大(29)の3人組。1stステージは3位の464点だったが、ファイナルステージは472点と巻き返し、トータル936点。一方、1stステージ1位のチョコレートプラネットは、ファイナルステージで440点と振るわず、トータル918点で3位に沈み、ハナコが逆転でコント日本一の座に就いた。

 1stステージ1位のチョコレートプラネットに競り勝ち、チャンピオンとして名前を呼ばれると、3人は驚きを隠せなかった。「うわ〜! すご〜い!」「マジで!?」と興奮気味に喜びを爆発させると「出番が少ない」とイジられていた菊田が「あの…、泣きそうなんですけど…」と感涙。すかさず秋山が「最初にお前が泣くな!」とツッコミを入れ、王者としての“初笑い”をさらった。

 今大会は、史上初となるファイナリスト10組を決勝当日の生放送で随時発表。総エントリー2490組から、やさしいズ、マヂカルラブリー、ハナコ、さらば青春の光、だーりんず、チョコレートプラネット、GAG、わらふぢなるお、ロビンフット、ザ・ギースが決勝進出を決めた。

 大会初の女性MCとして女優の葵わかなを抜てきし、ダウンタウン浜田雅功との2人体制で進行し、審査員の松本人志、さまぁ〜ず、バナナマンが、1人100点の500点満点で採点。上位3組のチョコレートプラネット、わらふぢなるお、ハナコがファイナルステージに進み、審査員5人が出す合計点の高さで優勝を争った。

 同大会は2008年から毎年行われ、今年で11回目。プロアマ問わず、芸歴制限なく出場可能で、歴代キングはバッファロー吾郎、東京03、キングオブコメディ、ロバート、バイきんぐ、かもめんたる、シソンヌ、コロコロチキチキペッパーズ、ライス、かまいたちが名を連ねている。

■『キングオブコント2018』ファイナルステージ順位
1位 ハナコ 936点(1st:464点 ファイナル:472点)
2位 わらふぢなるお 922点(1st:468点 ファイナル:454点)
3位 チョコレートプラネット 918点(1st:478点 ファイナル:440点)

SHINeeのテミンが初のソロツアーをスタート Photo by Takeshi Yao

2018/09/22 21:08

SHINeeテミン、初ソロツアー開幕 アリーナ6公演追加&新曲配信決定  SHINeeのテミンが21日、神奈川・よこすか芸術劇場でソロ初の全国ツアー『TAEMIN Japan 1st TOUR 〜SIRIUS〜』をスタートさせた。

 浮遊感のある演出で登場し、圧倒的なスケール感の「DOOR」で幕を開けると、昨年デジタル配信した「What’s This Feeling」、「ECLIPSE」を含む新曲6曲の計7曲を初披露。妖艶でキレのあるダンスで魅了し、代表曲「Danger」「TIGER」などでもファンを熱狂させた。

 アンコールのMCでは、追加公演を自ら発表。11月9〜11日に兵庫・ワールド記念ホール、11月24〜26日に東京・武蔵野の森総合スポーツプラザ メインアリーナの計6公演が追加された。ホールツアーのチケットは即完売だったため、ファンにとってはうれしいサプライズとなった。

 9月26日午前0時からは新曲「ECLIPSE」のデジタル配信も決定した。

『キングオブコント(KOC)2018』ファイナルステージ進出3組決定 暫定トップはチョコレートプラネット

2018/09/22 21:05

『キングオブコント2018』チョコプラ、わらふぢ、ハナコがファイナルステージ進出  “コント芸日本一”を決める『キングオブコント(KOC)2018』決勝戦が22日、東京・赤坂のTBSで開催。11年目を迎える『KOC』は、大会初の女性MCとして女優の葵わかなを抜てきし、ダウンタウン浜田雅功との2人体制で進行を担当する。また、初の試みとして、準決勝進出32組の中から選ばれたファイナリスト10組が生放送中に随時発表された。登場順は下記の通り。

■『キングオブコント(KOC)2018』ファイナリスト(登場順)
・やさしいズ(8年目/よしもとクリエイティブ・エージェンシー)
・マヂカルラブリー(12年目/よしもとクリエイティブ・エージェンシー)
・ハナコ(4年目/ワタナベエンターテインメント)
さらば青春の光(11年目/ザ・森東)
・だーりんず(8年目/SMA NEET Project)
チョコレートプラネット(13年目/よしもとクリエイティブ・エージェンシー)
・GAG(13年目/よしもとクリエイティブ・エージェンシー)
・わらふぢなるお(9年目/グレープカンパニー)
・ロビンフット(19年目/SMA NEET Project)
・ザ・ギース(15年目/ASH&Dコーポレーション)

 今回の総エントリー数は2490組。1stステージでは、478点を獲得したチョコレートプラネット、468点を獲得したわらふぢなるお、464点を獲得したハナコがファイナルステージへの進出を決めた。

人気急上昇特集ページ

最新アルバム『DINOSAUR』を体現した “LIVE DINOSAUR” ツアー、待望のリリース!